MENU

設備案内

スリッパディスペンサー

使用したスリッパは紫外線による殺菌処理をし、いつも清潔に保っています。

手作りデンタルファイル

患者さんにぜひ知っていただきたい情報をスタッフが手作りファイル本にしています。
なぜメンテナンスは必要? 根の治療はなぜ時間がかかる?
口腔癌の自己チェック法教えます。 などなど、随時新しい情報を発信しております。

診療室

治療用ユニットが3台設置され患者さんのプライバシーを保護するために高さ120cmのパーテーションによって区切られています。

カルテ

当院では平成元年の開業以来、すべての患者さんのカルテ(用紙)とデータ(PC)を保管しており、今までの処置の流れがすべて分かるようになっています。
また衛生士記録という歯科衛生士が処置した時は毎回必ず記入する用紙があります。そこにはその日に行った処置部位や内容、今後の注意事項、あるいは患者さんとお話した内容に至るまで細かく手書きで歯科衛生士が記入しています。時には図や絵で詳しく記入する事もあります。ですから、長年来院されている患者さんのカルテファイルはとても分厚くなっています。

デジタルX線装置

リアルタイムで撮影したレントゲン画像や口腔内写真がご覧いただけます。ご自身ではなかなか見られない部位も実際によくわかります。
治療時にはこの画像で色々お話させていただきます。

デジタルX線撮影

開業以前、大学の放射線科に所属していたのでX線に関するこだわりがあります。デジタルX線撮影も15年以上前から導入しております。デジタルX線撮影の利点は,患者さんの被曝線量が少なく、すぐに撮影でき、環境に優しいことです。
医療の進化は日進月歩、機器もどんどん新しいものが開発されます。このレントゲンはH21年、さらに新しいものに取り替えました。

ダイアグノデント ペン

ダイアグノデント ペンは高確率(90%)で隠れた虫歯を見つけ出すことができるレーザー式ウ蝕(虫歯)検出装置です。この装置によって虫歯か虫歯でないかを数値化し、従来の視診・X線画像診断と組み合わせることでより確かな診断を行なっています。(2010年9月より導入)

電動麻酔器

手動で麻酔するよりも圧迫による疼痛も軽減でき、麻酔液量も少なく麻酔ができます。

超酸性水生成装置

高濃度の食塩水を電気分解し、超酸性水を生成しています。これは術者の手指および器具器材の消毒に使用しています。

感染予防

平成元年の開業当時より歯を削る器械(タービン)は使用後、毎回ステリマスター(高圧蒸気滅菌器)にかけ、滅菌し、患者さん毎に取り替えて使用しています。
また、超酸性水生成装置を設置し、治療器具や術者の手指の消毒、そして、抜歯した後の洗浄にも使用しています。その他の使用した器具は洗浄後、オートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)にかけ、123度の高温で滅菌します。高温滅菌がかけられない機器は特殊な薬液で滅菌消毒をしています。

口腔外バキューム

口腔外バキュームは治療中に発生してしまう歯の切削片、金属片、 血液、唾液などの細菌感染物質を発生源の近くで安全で確実に 素早く捕集する装置です。とても優れた装置ですが、使用中には かなり大きな音がします。

AED設置

日本では1日に100人以上が心臓突然死で亡くなっています。AED(自動体外式除細動器)は、「心室細動」や「致死性不整脈」から救命するために使用される器械です。

医療連携

大学病院(日本歯科大学)
当院は地域密着の1次医療機関で、高度な専門的知識や技術が必要な場合や全身的疾患で全身的管理が必要な患者さんはしかるべき2次医療機関を紹介させていただいております。院長は母校である日本歯科大学の講師を併任しており、特に日本歯科大学とは深い連携が可能です。一人で大学病院に行くのは不安という方は、場合によっては院長が治療に立ち会うことも可能ですので、ご相談下さい。また、その他の大学病院をご希望の場合も気軽にご相談下さい。

石川デンタルクリニック
矯正を担当している矯正医、石川先生が開業されているクリニックです。

スタッフ連絡ノート

患者さんの情報を全スタッフで共有する為、スタッフ連絡ノートを作っています。そこには患者さんの情報だけでなく、新しい医療情報に至るまでさまざまな情報が書き綴られています。