不要不急の歯科医療は存在しません

新型コロナウイルスに関するお知らせ 5

非常事態宣言が延長されました。皆様、歯の調子はいかがでしょうか?

歯科の治療について。今までは患者さん、スタッフの罹患リスクや医療物資不足を鑑み、出来るだけ緊急ではない治療は控えるようにしてきました。歯科医師会からも緊急性のない治療は出来るだけ行わないようにと通達もありました。しかし、長期戦が見えてきた今、また違ったリスクが出来ています。

定期的なメインテナンスはその方にあった期間を提示し、来院していただいています。これは医学的に必要だから、その人に必要なタイミングで来院していただいており、その期間を過ぎましたら、歯科医学的にはリスクでしかなく、本来不要不急の治療は存在しないのです。3か月のメインテナンスの方で3月末より来院を控えていらっしゃる3月にメインテナンス予定の患者さんの場合、もうそろそろ6か月となります。これはかなりリスクが高く、とても心配な状態です。

歯科は内科などと異なり、元の状態に戻ることはありません。例えば、虫歯。治りましたとお伝えしますが、これは歯に人工物を詰めただけで、元の自分の歯に戻った訳ではありません。歯周病もまた同じ。歯周病で溶かされた骨はもう本来の状態までは治りません。ですから、進行を出来るだけ食い止める、現状維持をするために定期的なメインテナンスに来院していただいています。長期化し、来院の期間があけば開くほど取り返しのつかないことになってしまうのです。

ここ数日、心配で…どうしたら…とお電話くださる方が増えてきました。当院では、出来る限り予約の操作を行い、メインテナンスの予約に関しても少しづつ再開しております。特に3か月毎の患者様は心配です。当院では3、4、5、6か月、そして最長1年毎のメインテナンスとさせて頂いております。期間が短い方はリスクが高い方となります。

また、子供たちも心配です。特に生え変わりなど変化が起こる子供たち。虫歯になるのもあっという間の場合もあります。そして、ここ数日、学校始まる前に診てほしいというご家庭も出てきております。

当院では特に心配な方からまた少しずつ連絡再開いたします。また気になる方もご連絡ください。まだまだ新型コロナウイルス感染のリスクもあります。
最大限の対策を取り、診療するため、電話で必ず予約をお取りください。
皆様のご協力とご理解の程、よろしくお願いいたします。